2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

久々に曲集から弾きましたm(_ _)m



パーソナル・シリーズ (グレード5~3級) Vol.53 廣田奈緒子2 「ハートフル・ストーリーズ」(2017年6月28日録)


「月光」はベートーヴェンの三大ピアノソナタの中の一つです
三大ソナタとは「悲愴」「月光」「熱情」です
どれも素晴らしいピアノソナタです
私は月光と熱情が特に好きでよく弾きました
もちろんピアノで弾く原曲です

ベートーヴェンは20代後半で持病の難聴が悪化し
この月光ソナタを書いた31歳ではほとんど聞こえない状態だったようです

廣田さんのアレンジ、とてもムードのある曲調で始まります
ピアノとバイオリンに時々アイリッシュパイプが加わって
雰囲気をより一層盛り立てている感じがします
原曲の第一楽章と第三楽章がうまくミックスされたアレンジです

そして
バイオリンの音ですが
前半のゆっくりの部分のところで使われているのは「S-バイオリン1」
廣田さんの注釈には
「タッチによって音の変化が大きくなるので、弾き始めの音に注意してください」
と書かれています
そうなんです...弾き方が難しかったです(゚Д゚,,)
お聴きの環境では耳にキーンとくるかもしれませんm(_ _)m

後半、速い部分でのバイオリンは
バイオリン7がエディットされてました
こちらは速く弾いても綺麗に発音してくれるので気持ち良いです
少しノンレガート気味で弾くと弓が弦を擦っている感じも出ます

原曲を覚えているので
譜読みはほとんど必要なかったですが
戸惑った部分がありました

ピアノで原曲を弾かれている方には
この感覚は、きっとわかってもらえるかと思うのですが
原曲を弾いているからこそ、弾きづらい(;_;)

原曲の楽譜
原曲の楽譜(月光ソナタ第三楽章)

エレクトーン譜
エレクトーンアレンジ楽譜

右手の出だしの「ソ」の1音があるかないかの違いなのですが
分散和音の駆け上がる時に一つ乗り遅れる...
そんな気がしたので原曲通りに弾きました
そのため少しレジストを変えました

上鍵盤は「ド」より下の「ソ」の鍵盤が無いので
この部分(初めの4小節)だけ1オクターブ上げて弾きました
それに伴ってこの部分のレジストは
上鍵盤の音を1オクターブ下げた音を作りました
(動画で2分00秒から2分07秒あたりです)
他の同じような部分は鍵盤が足りているので原曲通りに弾けます

ピアノで原曲を弾く時は自由に揺らいで弾けるので
もう少し速く弾いてもそれほど苦には感じませんが
エレクトーンはリズムに合わせて弾くので
一定のテンポでガーッと弾くのはなかなか大変でした^^;

勢い余って隣の音を触っているところもありますが
お楽しみ頂けたら幸いですm(_ _)m







テレビドラマ「小さな巨人」のテーマです

                月刊エレクトーン2017年月号(2017年6月23日録)

曲集からのリクエストが溜まっているのですが
「弾き放題」のおいしさ?(レジスト無料)の引力には逆らえず(^^;; ポリポリ
また弾き放題から弾いてしまいましたm(_ _)m



このドラマ、第一話だけ見ました
でも話しが辛すぎて…)゚ロ゚(
最後では逆転してスッキリするんだろうな、と思いつつ
こういうハードなドラマは苦手なので見なくなりました^^;

この曲も初めて聴きました^^;
特に派手なところは無いですが、壮大ですね

最初に弾いてみた時に感じたのは
何度も同じような旋律が繰り返されて
どうかすると飽きてしまう演奏になりそう(;´Д`)…でした

なんとなく弾いても02は良い音で
パーカッションもドンドンとお腹に響いて迫力のある音で鳴りますし
それはそれで気持ちよいのですが
気持ちの入れ方がさっぱりわからず
この同じような旋律はどんな感じで弾けばよいのやら?

YOUTUBEで原曲を聴いて勉強しようと探したのですが
見つかりませんでした(>_<)

何気に演奏アドバイスのところを読んだら
「上へあがっていくような高揚感を感じながら」
と書いてありました

そうなんだ~^^;

原曲を聴いていないので違う感じで弾いているかもしれませんが
この曲も好きな1曲になりました(*^-^*)









今、大人気の映画「美女と野獣」実写版のサントラよりエレクトーンデュオのアレンジを弾いてみました。




月刊エレクトーン2017年6月号(2017年6月16日録)


テンポが88→110→88、最後はRubato(自由に)と変化します
中間部は豊かな響きになるように
盛り上がりに向かいダイナミクスに注意して演奏しました

そして、それぞれのパートのバランスが難しかったです
2つのパートがとけあって一つなので
弾いては聴き、何度もチェックしましたが
もうちょっと出したい、ここはうるさかった...と反省点はあります

バンバン弾けば良いってタイプの曲ではないので
「恋」のアンサンブルよりこの「美女と野獣」の方が
音の溶け具合というか、そういう点では難しかったです

パート1のテーマを弾くチェロの音色が弾きにくくて苦労しました
そんなに押し込んでいないのに急に飛び出た音になります
ソの音、なぜか異様にきつい音が出ます
もし演奏される時はお気をつけくださいm(_ _)m(笑)
私の耳のせいとか
私の楽器だけかもしれないですが(^^;

アンサンブルは違う楽しみがあるので
素敵な曲があったら弾いてみたいと思います
またよろしくお願いします(*^▽^*)ゞ








とってもノリの良い曲です♪
夏をイメージさせる元気な曲で、演奏してても気持ち良く、最高です!


STAGEAアーチスト・シリーズ (グレード5~3級) Vol.26 T-SQUARE ベスト・セレクションより(2017年6月8日録)


原曲に近づけるようにところどころアレンジしました

イントロ(トロンボーンとリードの掛け合いのところ)の尺は原曲通りに伸ばしています

1分15秒からの上鍵盤、シンセリードのメロディーの合い間に
ブラスの旋律を弾いていますが
ある音を境に「鳴る鳴らない」の設定ができるSTAGEAの便利な機能を使いました
ボイスエディットのレイヤーのところで調整するとできます
ここはシンセリードがドで伸ばしブラスで弾く最高音がラなので
ラ以下でブラス音がなるようにすれば良いわけです
後はシーケンサーにそのタイミングでセットすれば完了です
なんか良くわからない説明ですみません(//>ω<)

サンバホイッスルのところですが
出てくるタイミングを原曲通りに直しました
左手との絡みが複雑になるので弾きにくくなってしまい…汗!汗!
楽譜をお持ちの方はおわかりになると思います
ここが一番緊張しました(笑)


何と言ってもこの曲の聞かせどころはピアノですね!
細かい16分音符がず~っと続きます( ‘o’)
どうかすると先走りそうになったり
引っかかったりするので
気をつけて弾かなきゃ…って構えてしまうところですが
とっても熱いピアノソロなので
私なりに思いっきり弾きましたーヾ(^▽^ヾ)
ここも楽譜通りではありませんm(_ _)m






2017年エレクトーン動画コンテストの応援ありがとうございました。
先日、結果発表がありました
エレクトーン動画コンテストの結果

『【恋】 星野源 2台のエレクトーンで♪』で特別賞を頂きました。
日頃、皆さまから頂く温かい励ましで私も成長できているのかなと感謝しております。
「月刊エレクトーン賞」ということで、月刊エレクトーンの1年間無料購読権を頂けるようで嬉しいです~!
月刊エレクトーンからのアップが多くなりそうです~♪
今後ともどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m





aki★929

Author:aki★929
「aki」です
エレクトーン楽しんでいます♪
エレクトーン演奏グレード3級
特技:初見演奏
YOUTUBE:aki929