2015 / 11
≪ 2015 / 10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2015 / 12 ≫

鷹野雅史さんのSTAGEAパーソナル・シリーズ
「MAX to the MAX!! Vol2 More ORCHESTRA to go!!」より
坂本龍一さんの代表作、「戦場のメリークリスマス」を
02音色に組み替えて弾いてみました。






クリスマス曲!って雰囲気ではないですが、
曲名からこの時期の定番曲になっています。
32年前の曲ですが古さを感じません。
イントロも、オリエンタルなメロディーも
一度聴いたら忘れられなくなります。
以前から一度は弾いてみたかった曲です♪

鷹野さんの音って、どうやったらこんな音作れるの?
って思うほど凄いです。
オーケストラ的な音は鷹野さん、良いですよね。

この曲集は01用なのですが、そのままで十分!
「02に組み替えて」なんてエラそうに言いましたが
ピアノと弦楽器だけS音色を加え
あとは殆どいじっていません(;^^)


鷹野さんのアレンジって難しいのですが
この曲は割と見やすい方でしょうか。
でも、前半のしっとりした部分の表現が難しかったです。
特にテーマの部分は4度の和音で動くので
音の粒をそろえ、歌わせるのが難しかったです。
後半はラストのクライマックスに向けてどんどん盛り上がります。







そして今月27日に鷹野さんの最新パーソナル
「MaxTAKANO STAGEA Philharmony 」が出ますね。

鷹野さんの曲集で一番古い「MAX to the MAX! Vol1」の
「スターウォーズ・メドレー」が02音色で登場ですね。
物凄いことになると思います。
楽譜はたぶん、これ↓と同じと思います



01(DECK)でも十分迫力ある音造りされているのに
02になったらどうなるの?
ちょっとコワイ気もします。
02音色、気になりますが
「スターウォーズ」は...
もう弾ける気がしません(;・・)。

他には
・サンダーバード
・結(You)
・交響曲第5番第4楽章アダージェット
・威風堂々第一番

なんか凄そう...w(゚o゚)w







倉沢さんのパーソナル「「Jazz Addiction」より
「Aura Lee」を弾いてみました。
とってもカッコいい ビックバンド・ジャズアレンジです♪




「Aura Lee」は150年ほど前の古い曲だそうです。
アメリカ合衆国の南北戦争(1861~65)のころ
出兵していったの若い兵士さんが
故郷に残してきた愛する人を想って歌われ
広まった大衆歌謡ということです。

そして、新たに歌詞をつけてカバーされたのが
エルヴィス・プレスリーの
『Love Me Tender(ラブ・ミー・テンダー)』です(1956年)
原曲の「Aura Lee」も「Love Me Tender」も
うっとりのラブバラードです


でも
日本語で子供向けの歌詞のオーラリー
ありますよね。

この可愛らしいオーラリーが
エルヴィス・プレスリーの
濃厚な『Love Me Tender』と同じメロディーと気づいた時は
衝撃でした


さて
倉沢さんのアレンジは、まさかのテンポ230!!!
元気いっぱいでスピード感がたまらないんですが、
弾くのは大変(>_<)



【倉沢さんの解説】
・「余裕のある方はオートベースを解除して
  4分音符でウォーキングベースにしてもいいですね。」 
・「もっとテンポを上げてもGOOD!」

これ以上速くするの?って オドロキでしたが
一応、解説通りに
オートベースを解除、テンポアップ!(少しだけです)
試してみました。

もう...冗談みたいなヒドイ演奏になりまして(;^^)
結局、楽譜通りです(笑)







倉沢さんの曲集で、残りあと3曲ありますが、
「What Are You Doing The Rest Of Your Life?」
   私の表現力では弾けそうもないです(>_<)
    
「Billie's Bounce」  は、
   この曲集で一番難易度が高そうですが   
   いつか弾けたらいいな♪

「エリーゼのために」  は、
   う~ん...(;´Д`)です

倉沢さんの曲集、ホント難しいです。
ってことで、
しばらくちょっと息抜き~(〃^∇^)ノ♪





aki★929

Author:aki★929
「aki」です
エレクトーン楽しんでいます♪
エレクトーン演奏グレード3級
特技:初見演奏
YOUTUBE:aki929