2015 / 10
≪ 2015 / 09 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2015 / 11 ≫

倉沢大樹さんのパーソナル・シリーズ Vol.45 「Jazz Addiction」より弾いてみました。




原曲は1972年に発売されたスティーヴィー・ワンダーの名曲です。

君は僕の人生の太陽 
僕の大切な宝物なんだ
ずっと僕の心のなかにいてほしい

こんな感じの歌です
こんなこと言われたら嬉しいですよね~(*^-^*)


倉沢さんのアレンジですが
スティーヴィー・ワンダーの歌の雰囲気を残しつつ、
とっても爽やかなボサノバになっています。
ハーモニカとアコースティックギターがメインで
それにコーラスが加わり
全体に優しい雰囲気です。

ハーモニカには表情をつけるために
【S.Art】がたくさん出てきます。
私、02になって4ヶ月なのですが、
あまりこの【S.Art】を駆使した曲は
弾いておりませんでした。
もう、大変で大変で(;´Д`)


1・音符の前に付いてるコレ↓
スナップショット - 55

鍵盤を弾く少し前にフットスイッチを押す
ハーモニカには「ピロッ」って装飾音符が付きます。
グライドの時のフットスイッチの操作に似ていますが
押すタイミングが違うと鳴ってくれません。


2・音符の後ろについているコレ↓
スナップショット - 56

鍵盤から手を離す少し前にフットスイッチを押す。 
手を離すとヒュ~って音がダウン。    
これがなかなかヤッカイで...
手を離すタイミングでフットスイッチも同時に離してしまうと
ダウンの音が出ません。
ややこしい...  
手は離すけどスイッチは残す。これが難しかったです。

  
3・音符の前後についているコレ↓
スナップショット - 57

[2]でもイッパイイッパイなのに
1と2の合体、ワケわかりません... 
2度押しするのかな?と思ったのですが、
押すのは1回のみでよさそうです。
弾く直前にフットスイッチを押し、
手を離した後も押し続ける、って感じで出来ました。
タイミングが難しい。

エレクトーンは右手左手両足が別の動きをするので、
結構いろんな動きに慣れているはずなのに
新しい操作が入るとやっぱりダメですね。
身体で覚えるまで大変でした(笑)


それと、ギターの音は相変わらず出しにくい。
まだ慣れないです(;^^)

倉沢氏の解説
「ギターソロはあまり張り切らず、余裕のある落ち着いた雰囲気で演奏してください」 

ん~
ギターはタッチによっては音がこもってしまうので、
やっぱり頑張らずにいられないです(笑)


最後の転調してからのハーモニカ・ソロが
とっても伸びやかで素敵なアレンジでした。






次は、とりあえず「オーラ・リー」練習してみます。
エルビスの「ラブ・ミー・テンダー」の原曲です♪









STAGEAパーソナル・シリーズ (グレード5~3級) Vol.45 倉沢大樹3 「Jazz Addiction」
より弾いてみました。
アドリブも素敵なんですが、イントロのピアノが印象的です。





「天空の城ラピュタ」はジブリの中で好きな映画の一つです。
原曲の「君をのせて」は哀愁がただよって美しいメロディーです。
歌詞がいいですよね♪

   父さんが残した 熱い想い
   母さんがくれた あのまなざし

この部分、好きなのでよく口ずさんだりします。


しかし!倉沢さんのアレンジ、難し過ぎですぅ (>_<)
指もつれそうでした。
ちょっとでも頭がボーっとなってる時は絶対弾けないです(笑)



【倉沢さんの解説】

・頑張りすぎてダイナミックな表現にならないよう、クールに!

・トランペット、サックス、ピアノのソロではタッチで強弱を意識して弾く
 
・ダークで大人の雰囲気で!
 
・ピアノの部分はサスティンがセットされていますがニーレバーを使用して
 小まめに表現しても良い。
 
 ってことです。


ピアノの部分、ニーレバーを使わずに弾いてみたのですが、すべての音が響いてしまうのでごちゃごちゃになります。ニーレバーで細かく切り替えた方がいいです。
(ニーレバー切り替え(右足)の動きが目障りだったので手中心の画面にしました)


それから、歌に入って1フレーズしたらすぐに転調します。
気持ちよく一緒に歌っていると オットット・・・ってなります(笑)

差し込んだ画像はラピュタとは関係なく、イメージです(*゚∀゚*)





「Jazz Addiction」 どの曲もすごく難しくて大変な曲集です。

倉沢さんによると この曲集で一番熱くなれるのは「Billie's Bounce」だそうです。
ちょっと見てみたのですが、原曲の倍くらい速さでノリノリのラテンみたいです。
テンポ240! もう ワケがわからないっ ;゚ロ゚
弾ける日は来るのでしょうか~(笑)

とりあえず「Billie's Bounce」はしばらく避けて、弾けそうな曲からとは思いますが、
どれも難しそうで、少々弱気の私です(;^^) ノ






ライオンキングよりサークルオブライフを弾いてみました。
( 鷹野雅史 2 「MAX to the MAX!! VOL.II More ORCHESTRA to go!!」より)





映画とミュージカル版のアフリカ味をたっぷり盛り込んだアレンジです(鷹野さん解説)

また映画を見たくなってしました(*´ー`*)
ほんと、
アフリカの大地が目に浮かぶようなアレンジです。
「ジャングル・ビート」の部分はまるでジャングルの中にいるような気分になります。
楽しかった~♪


この曲集は古く、01のための楽譜ですので
それをもとに02音色に入れ替えてみました。
特に歌の部分はミュージカルの雰囲気を濃くしたくてバックコーラスを厚くし
パンチをきかせました。

最後の転調する部分は、一段と盛り上がりをつけたかったので
これ以上押せないってくらい鍵盤を押して弾きました。
02さん、ちゃんと反応してくれました(*^-^*)





ついに倉沢さんの曲集
【STAGEAパーソナル・シリーズ (グレード5~3級) Vol.45 倉沢大樹3 「Jazz Addiction」】が発売されました。
ラテン、ジャズ好きにはたまらない1冊ってことです♪
どんな音になっているのでしょうね。


掲載曲は(ヤマハミュージックデータショップより参考)

・Billie's Bounce
    (ラテン・ジャズのアレンジ)

・エリーゼのために
    (ラテン・ビッグバンド・サウンドのアレンジ)

・Aura Lee
    (ビッグバンド編成のスウィング・アレンジ)

・What Are You Doing The Rest Of Your Life?
    (バラード・アレンジ)

・君をのせて
    (ジャズ・コンボ編成アレンジ)

・You Are The Sunshine Of My Life
    (ボサノバ・アレンジ)

6曲も入っていてボリューム満点、弾くのは大変(笑)
きっと死ぬほど難しいと思うので、いつもより時間がかかると思います(^^;;

とりあえず、この週末に楽譜調達、行ってきま~す(〃^∇^)ノ





aki★929

Author:aki★929
「aki」です
エレクトーン楽しんでいます♪
エレクトーン演奏グレード3級
特技:初見演奏
YOUTUBE:aki929