2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

リクエストをいただいていた「コウノドリ」のメインテーマを弾いてみました


           月刊エレクトーン2017年11月号より(2017年10月27日録)

作曲は清塚 信也さん
子守歌のような優しい旋律で
清塚さんのソロピアノ、うっとりします(*´ー`*)
いろんなバージョンがあるようですね

ドラマも楽しみに見ています
物語にも惹かれますが
もう一つ見逃せないのが
鴻鳥サクラ役の綾野 剛さんが劇中でピアノを弾くところ
カッコいいので見とれてしまいます(´∀`*)


この曲はtempo rubatoでしっとり弾かれることが多いのですが
このアレンジはオーケストラバージョン
リズムが入っているので自由に弾けないのが少し窮屈ですが
盛り上がるところではアカンパニメントがいっぱい入っていて気持ちよく弾けます

思いの外 苦労したのは
タタタタタタ タ~ター が上手く弾けない (笑)
ちょっと気を抜くと
タタ タタ タタ タ~ター に (゚Д゚,,)








今回でこのブログも100曲目、
なかなか大変でしたが目標達成となりました
ありがとうございました

月刊エレクトーンより弾きました
面白い曲です(^^♪


月刊エレクトーン2017年11月号より(10月27日録)


私このアニメ知りませんでした
ベートーベンとモーツアルトといったクラシックの大作曲家と
同じ名前を持つ二人組のお話しみたいです(違うかな?)
クラシック音楽を元にアレンジした曲が流れているようで面白そうです


この曲を初めて聴いた時はもう衝撃でした!
「モーツアルトみたいな曲をエレキギターが弾いている!」 
オーケストラをバックにエレキギターがクラシック調の旋律を奏でるというのが斬新で
まさに「エレキギター協奏曲」ですね
布袋 寅泰さんのギターが素敵です

アイネクライネナハトムジークやトルコ行進曲などに似たフレーズが出てきて面白いです
ここはあの曲かな?と想像しながら弾くのが楽しかったです


途中からテンポが急に速くなります
スピード感が気持よいですが最後は指もつれます(笑)
そして最後のキメの部分は原曲では大きくテンポを落としているので
M8だけ120にセットしました

好き嫌いが分かれそうな曲と思いますが
私は単純に 楽しい!
ちょっとお茶目な感じがいいです(#^.^#)




冬になったら「冬メドレー」を弾くと言いましたが、なんとなく秋に続いて弾いてしまいました


STAGEAポピュラー・シリーズ (グレード5~3級) Vol.104 日本の四季メドレー ~オーケストラ・アレンジ~(2017年10月21日録)


とっても素敵なアレンジです

「イントロ」
華やかなファンファーレは「たきび」のテーマをモチーフとして(と思いました)
その後に軽やかな「雪」のテーマが使われています
ちょっとクリスマスソングを思い起こさせるようなイントロで
続く「たきび」はどんなかな?って期待感いっぱいになりました

「たきび」
意表を突かれてぐっと落ち着いた感じ
♩ ♫ ♩ ♫ ♩ ♫ ♩ ♫ ...タンタタ タンタタ ...
このリズム、なんとなく、私
「土人の踊り」をイメージしてしまいました(∩_∩)ゞ
渋くて この展開、面白いです
イントロからテンポが10ダウンで
そんなに激変と言う訳でもないです
あれ?ちょっと変わった?くらいの感じなんですが
切り替えをきちんとしないとリズムについて行けなくて突っ込んでしまいます
特に難しいところは無いですが
何と言ってもこの特徴のある伴奏のリズムを安定させるのがしんどかったです^^;
ちょっとバラついてるところもありますね…m(_ _)m


「雪」
とっても楽しいアレンジ!
渋い「たきび」から一転して楽しさ全開です♪
ですが、技術的に雪が一番難しいです
最初に出てくるピッコロの16分音符
これに手こずりましたー(^^;;
リードボイス1本の音なので
均等な指離れのタッチで弾かないと とんでもない音が出てきます
ピアノでモーツアルトを弾く時のようなタッチに似てるかな(゚.゚*)
ここが一番神経を使ったところです

その後はスピードに乗ってワクワク、楽しい曲調です
ワーワー、キャーキャーと投げ合った雪合戦や
雪ダルマを作った子供の頃の思い出が蘇ってきました(*≧▽≦)♪


「冬景色」
元気な「雪」から途切れる事なく
すーっと静かな世界に連れていってくれます
しっとりと格調高く素敵なアレンジです
大きな流れをとらえる感じで弾きました

「エンディング」
イントロと同じモチーフが表れ  ジョン・ウィリアムズのような曲調も加わって
ふ~む、凄いアレンジ...

曲全体の構成や 楽器の使い方など素敵なアレンジで
とても勉強になりましたヾ(*゚∀゚*)ノ






他の曲を弾いているのですが、なかなか上手くいかず
息抜きに楽しい曲を弾いてみました

              月刊エレクトーン2017年10月号より(2017年9月27日録)



ドラマ、毎週楽しみに見てました
カンナ訳の渡辺直美さん、ピッタリはまり役でした(*^_^*)


明るくて 元気で 楽しい曲です
スキャットボイスがワクワクします

ビッグバンドジャズなので 一応 はずんで弾くのですが
曲説明に「はずみ過ぎないで」と書いてありました
弾いてみると メいっぱい はずんで弾く方が無理な気がしました
なんせ♩=240という高速スピード
1秒に四分音符が4個
要するに1小節が1秒という速さなんですよね

ベースもオートですし楽譜もそんなに難しくないのですが
イントロの部分は弾きにくいです
(あくまでも私の感覚ですので)m(_ _)m

何でもないフレーズですが
早い部分で音が団子になって
リードボイスの音がきちんと発音してくれません
実際、アヤシイところもあります^^;

しかも
「はずみ過ぎず ちょこっとだけはずんで弾く」
を忘れてはいけないので
簡単そうに聞こえて実は難しいところと感じました

こんな事思ってるのは私だけで
「弾いてみたら簡単じゃないの!」
って 言われてしまうかもしれませんが(笑)








ドクターX、今年も10月から新シリーズが放送されるそうですね
今からとても楽しみです(#^.^#)


          月刊エレクトーン2017年9月号より(2017年8月31日録)


去年、ドクターXのメドレー(ポピュラーシリーズ)を弾きました
メドレーは何曲も弾ける楽しみはありますが
1曲1曲が短くカットされています
今回は「ドクターXのテーマ」をたっぷりと弾けて楽しめました
メドレーの時には無かった中間部のソロが小気味よいです♪


今回はドクターXのテーマをまるごとなので
メドレーの時には無かった中間部のソロが小気味よく
とても楽しめました♪
演奏については
細かいストリングスの部分でシャキッとした感じが出したくて
1音1音 しっかりと鋭いタッチを心がけました

何と言っても冒頭の口笛の表現が大変です
楽譜の解説に
「口笛はアーティキュレーションにとらわれ過ぎず
雰囲気を感じながら歌って弾くとよいでしょう」
と書かれています
こういう事が一番難しいんですよね
以前も弾いているにもかかわらず 
なかなかまとまらなくて...大変でした(笑)


YOUTUBEの説明にも書きましたが
2014年11月号のスコアと同じもののようです
アレンジは中村美奈子さん
14年のスコアもすでに02レジストになっていましたが
今回はさらに音色が新しくなっているのかな~なんて期待しました@(^^*)@
弾き放題のレジストを使っているので中身までは確認できませんが
14年と17年の両方ともエレクトーンに取り込んで聴いてみたところ
変化なしでした(笑)


こちらは以前弾いたメドレーのもの
ドラマのシーンが思い起こされます

「STAGEAポピュラー・シリーズ (グレード5~3級) Vol.98 元気が出る!J-インストより(2016年12月録)
アレンジは同じく中村美奈子さん
「ドクターXのテーマ」の基本的な部分のアレンジは月刊エレクトーンと同じですが
音色はこちらの方がきめ細かく作られているように思います







吹奏楽の巨匠、アルフレッド・リードの作曲です
吹奏楽の曲ですがオーケストラアレンジという事でストリングスも入っています

STAGEAポピュラー・シリーズ (グレード5~3級) Vol.97 吹奏楽作品集3~オーケストラ・アレンジ~より(2017年7月16日録)

以前弾いた、リードの代表作「エル・カミーノ・レアル」と比べて
楽譜は読みやすいですが後半のスピード感が凄くて大変でした

アルメニアンダンス パート1はA・リードによって以下のアルメニアの民謡5曲を
メドレー形式で繋げ吹奏楽に編曲されたものです
Tzirani Tzar『杏の木』
Gakavi Yerk『ヤマウズラの歌』
Hoy, Nazan Eem『おーい、僕のナザン』
Alagyaz 『アラギャズ山』
Gna, Gna『行け、行け』
エレクトーンアレンジは 『アラギャズ山』は入っていません

1曲目の「杏の木」のもともとの民謡は
「杏の木よ、失恋の悲しみを揺り動かさないでくれ」と嘆く歌のようですが
民謡の旋律をモチーフとして用いられた輝かしいファンファーレで始まり
その後 表情豊かなアルメニア舞曲が垣間見えます
原曲はもっと長いのですが、このアレンジはあっという間に2曲目に移ります

2曲目の「ヤマウズラの歌」はよちよち歩きの可愛らしいヤマウズラの様子を歌っています
愛らしく軽やかに、を注意して弾きました

3曲目の「おーい、僕のナザン」
不安定な5/8拍子が醸し出す不思議な雰囲気の曲です
一定のカウントではなく
1小節を(2+3)に数えたり(3+2)だったり
そこに6拍子が突然入ったりするので初めは戸惑いますが
慣れてくるとその変拍子が心地よく面白いです 
ちなみに元の民謡は6/8なのだそうです

最後のGna, Gna『行け、行け』は、
まさに「イケイケ!」です
冒頭の和音の「バン!」は
よーいドン!の感じかな?って思って弾いています(笑)
抜きつ抜かれつ、だんだんテンションが上がって
最後はハチャメチャになりながら
全員がゴールに向かって駆け込んでいく様が思い起こされ
とても愉快で楽しい曲です(#^.^#)


私は吹奏楽に疎く
「エルカミもアルバマーもエレクトーンで人気曲なので弾いてみようかな」
という程度で どちらかというと管弦楽の方に魅力を感じていました
今回リクエストを頂いて吹奏楽を少しずつ聴いていたら
カッコイイ曲がたくさんあるんですね~♪
02用の吹奏楽曲集から少しずつ弾いてみようと思っております






いつもご覧いただきありがとうございます
このブログも立ち上げて2年10ヵ月になりますが
この曲で90曲目になりました
自分としては100曲を目標に始めました

100曲なんて先は長い…と思っていましたが
いつの間にか あと10曲
途中で3~4ヶ月演奏をお休みしたこともありましたが
けっこう弾きました(笑)

100曲達成後もYOUTUBEへのアップは今まで通り続けますが
akiの音楽帳は 今のところ決めていません
とりあえず もうしばらくお付き合い下さいませm(_ _)m



テレビドラマ「小さな巨人」のテーマです

                月刊エレクトーン2017年月号(2017年6月23日録)

曲集からのリクエストが溜まっているのですが
「弾き放題」のおいしさ?(レジスト無料)の引力には逆らえず(^^;; ポリポリ
また弾き放題から弾いてしまいましたm(_ _)m



このドラマ、第一話だけ見ました
でも話しが辛すぎて…)゚ロ゚(
最後では逆転してスッキリするんだろうな、と思いつつ
こういうハードなドラマは苦手なので見なくなりました^^;

この曲も初めて聴きました^^;
特に派手なところは無いですが、壮大ですね

最初に弾いてみた時に感じたのは
何度も同じような旋律が繰り返されて
どうかすると飽きてしまう演奏になりそう(;´Д`)…でした

なんとなく弾いても02は良い音で
パーカッションもドンドンとお腹に響いて迫力のある音で鳴りますし
それはそれで気持ちよいのですが
気持ちの入れ方がさっぱりわからず
この同じような旋律はどんな感じで弾けばよいのやら?

YOUTUBEで原曲を聴いて勉強しようと探したのですが
見つかりませんでした(>_<)

何気に演奏アドバイスのところを読んだら
「上へあがっていくような高揚感を感じながら」
と書いてありました

そうなんだ~^^;

原曲を聴いていないので違う感じで弾いているかもしれませんが
この曲も好きな1曲になりました(*^-^*)









今、大人気の映画「美女と野獣」実写版のサントラよりエレクトーンデュオのアレンジを弾いてみました。




月刊エレクトーン2017年6月号(2017年6月16日録)


テンポが88→110→88、最後はRubato(自由に)と変化します
中間部は豊かな響きになるように
盛り上がりに向かいダイナミクスに注意して演奏しました

そして、それぞれのパートのバランスが難しかったです
2つのパートがとけあって一つなので
弾いては聴き、何度もチェックしましたが
もうちょっと出したい、ここはうるさかった...と反省点はあります

バンバン弾けば良いってタイプの曲ではないので
「恋」のアンサンブルよりこの「美女と野獣」の方が
音の溶け具合というか、そういう点では難しかったです

パート1のテーマを弾くチェロの音色が弾きにくくて苦労しました
そんなに押し込んでいないのに急に飛び出た音になります
ソの音、なぜか異様にきつい音が出ます
もし演奏される時はお気をつけくださいm(_ _)m(笑)
私の耳のせいとか
私の楽器だけかもしれないですが(^^;

アンサンブルは違う楽しみがあるので
素敵な曲があったら弾いてみたいと思います
またよろしくお願いします(*^▽^*)ゞ







人気TVドラマ「ドクター・ヘリ緊急救命」の新シリーズが7月から始まるという事でとても楽しみです

前から弾きたかった曲です
月刊エレクトーンに掲載されたのでさっそく弾いてみました♪

                月刊エレクトーン2017年6月号(2017年5月21日録)




とても壮大で美しい曲です
前回弾いた「A LIFE」と同じ、作曲は佐藤直紀さんです
佐藤さんの曲は洗練されていて好きです(*´ー`*)
レジストは弾き放題アプリを使いました

楽譜にアレンジャーさんの「演奏アドバイス」が書かれているので
そっくりそのまま引用させていただきます

M6、M7以外はLower M.を使用していないので
横への流れがきれいに出せるよう運指を工夫して弾いて下さい。   
また、右手で6度奏を演奏する部分は、高音のメロディーを最優先して、
こちらも美しいラインが描けるような指の運びを考えましょう。 
      
           
 運指は私の場合、もっぱら「指の置き換えで」で音をつなげています
 エレクトーンはピアノのようにダンパーペダルで音を繋げられないので
 いつしかこの癖が定着して 何も考えなくても自然に動きます 
 かえってLower M.があると弾きにくい…
 エレクトーンされている方にはおわかりですよね アハハ、、、
 右手も左手もその技を駆使しました(笑)
      

横笛の音色に出てくる装飾音は軽く短めを意識して下さい。
壮大な曲ですが、力み過ぎて固い音にならないよう、
しなやかさも加えながら表情豊かに演奏しましょう


 って事ですので
 おおらかで伸びやかなイメージで弾きました(*^▽^*)ゞ












月間エレクトーン2016年4月号が発売されていましたので
その中から「Piano Ninja 」を弾いてみました






和のハードコア!
YOUTUBEやニコニコで大人気のピアニストまらしぃさんの曲です
まらしぃさんの演奏にはいつも圧倒されています(*>∇<)ノ♪

まらしぃさんのパワフルなピアノの雰囲気そのままに
5級レベルで弾きやすくアレンジされています
とはいうものの、原曲のリズムが複雑なので
簡単ではなかったです(;^^)

忍者が走っていく様や
手裏剣を投げている様が
浮かんでくるような曲ですね♪

1分40秒あたりなんか、
ここ、手裏剣投げてるんだろうな~
なんて思って弾いていました(笑)

楽譜通りだと少し寂しかったので
テーマのところは左手をユニゾンで弾いてみました
でもこの曲で一番難しいのは
イントロかも(笑)


ところで
エレクトーン動画コンテストの締め切りがあと5日ですね~
何人かの方から
「akiさんは投稿されないのですか?」
「akiさんが出したら投票します」

このようなありがたいコメントをいただき、感謝、感謝です
嬉しかったです~
ありがとうございましたm(_ _)m

「よーし!頑張ってみよう」
と思いましたが、
すでに投稿されている方々の動画が素晴らし過ぎて‼‼!
アイデアが素敵!見ていて楽しい!

私にはアイデアが浮かばないし
普通の演奏しか出来ないし…(;・・)

というわけで
私もコンテストは投票する方に回りますので
ごめんなさいm(_ _)m

通常通りの演奏を続けます♪
どうぞよろしくお願いいたしますヾ(*'∀`*)ノ






aki★929

Author:aki★929
「aki」です
エレクトーン楽しんでいます♪
エレクトーン演奏グレード3級
特技:初見演奏
YOUTUBE:aki929