2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

吹奏楽の曲集から2曲目です。
前回弾いた「アルメニアンダンス」はアルメニア地方の民謡をモティーフに作られた吹奏楽でしたが、この「ぐるりよざ・Ⅲ祭り」は日本民謡がモティーフにされていて、とても趣があり弾き応えのある曲でした


STAGEAポピュラー・シリーズ (グレード5~3級) Vol.97 吹奏楽作品集3~オーケストラ・アレンジ~より(2017年8月11日録)


題名の「ぐるりよざ」とは、
長崎の隠れキリシタンに伝わるキリスト教の聖歌"Gloriosaグルリオーザ"が訛った言葉で
海上自衛隊佐世保音楽隊の委嘱により伊藤 康英氏が作曲
3楽章からなり、それぞれ元となる歌があります
  第1楽章「祈り(Oratio)」・・・グレゴリオ聖歌
  第2楽章「唄(Cantus)」・・・さんじゅあん様のうた
  第3楽章「祭り(Dies Festus)」…長崎ぶらぶら節

今回弾いたアレンジは第三楽章のみです



【第3楽章:祭】 

インパクトのある3/4のイントロのあと、すぐに4拍子に変わりピアニシモからフォルテシモへリズムが刻まれ緊張感が高まっていきます。そしてトロンボーン、木管楽器のかけ合いによる「長崎ぶらぶら節」のテーマが表れます
元々はゆったりした「長崎ぶらぶら節」ですが、鋭いリズム、様々な楽器の対比で骨太な祭りの音楽になっています
一旦、聖歌が現れ厳かな曲調になりますが再び祭りの場面に戻されます
(アレンジでは、この聖歌からすぐにフーガに移行していて2回目の祭りの部分はありませんが、この部分が必要に思えたので原曲通りにしました)
そして2回目の祭りからなだれ込むようにフーガに続きます

フーガとは一般的な「メロディーと伴奏」という形ではなく
それぞれのパートが対等で同じ旋律が複数の声部にズレて現れます
こういう形式を「対位法」といいます
ここも「長崎ぶらぶら節」の旋律がモティーフとして使われていて
右手も 左手も 足も 同じ旋律が追っかけるように出てきます

終盤は1楽章の「祈り」のテーマが再現され
宗教色が濃くなり重厚で圧倒されます
壮大なクライマックスは最後に「「さんじゅあん様の歌」の旋律を力強く刻んだ後
幕を閉じます




【弾いてみた感想】
普段、民謡はほとんど聴かないのですが
こういう日本的な旋律には心が反応するというか グッとくるというか
やっぱり私も日本人なんだな~って感じます(笑)

この曲で一番難しかったのはテンポの速いフーガの部分です
ピアノを習っている時から対位法が苦手な私...
フーガって聞いただけで苦手意識が邪魔をして
楽譜が頭に入ってこないんです(笑)

壮大なクライマックスはエレクトーンの持ち味全開で再現されていると思います
音楽的に内容の濃い楽曲でした







吹奏楽の巨匠、アルフレッド・リードの作曲です
吹奏楽の曲ですがオーケストラアレンジという事でストリングスも入っています

STAGEAポピュラー・シリーズ (グレード5~3級) Vol.97 吹奏楽作品集3~オーケストラ・アレンジ~より(2017年7月16日録)

以前弾いた、リードの代表作「エル・カミーノ・レアル」と比べて
楽譜は読みやすいですが後半のスピード感が凄くて大変でした

アルメニアンダンス パート1はA・リードによって以下のアルメニアの民謡5曲を
メドレー形式で繋げ吹奏楽に編曲されたものです
Tzirani Tzar『杏の木』
Gakavi Yerk『ヤマウズラの歌』
Hoy, Nazan Eem『おーい、僕のナザン』
Alagyaz 『アラギャズ山』
Gna, Gna『行け、行け』
エレクトーンアレンジは 『アラギャズ山』は入っていません

1曲目の「杏の木」のもともとの民謡は
「杏の木よ、失恋の悲しみを揺り動かさないでくれ」と嘆く歌のようですが
民謡の旋律をモチーフとして用いられた輝かしいファンファーレで始まり
その後 表情豊かなアルメニア舞曲が垣間見えます
原曲はもっと長いのですが、このアレンジはあっという間に2曲目に移ります

2曲目の「ヤマウズラの歌」はよちよち歩きの可愛らしいヤマウズラの様子を歌っています
愛らしく軽やかに、を注意して弾きました

3曲目の「おーい、僕のナザン」
不安定な5/8拍子が醸し出す不思議な雰囲気の曲です
一定のカウントではなく
1小節を(2+3)に数えたり(3+2)だったり
そこに6拍子が突然入ったりするので初めは戸惑いますが
慣れてくるとその変拍子が心地よく面白いです 
ちなみに元の民謡は6/8なのだそうです

最後のGna, Gna『行け、行け』は、
まさに「イケイケ!」です
冒頭の和音の「バン!」は
よーいドン!の感じかな?って思って弾いています(笑)
抜きつ抜かれつ、だんだんテンションが上がって
最後はハチャメチャになりながら
全員がゴールに向かって駆け込んでいく様が思い起こされ
とても愉快で楽しい曲です(#^.^#)


私は吹奏楽に疎く
「エルカミもアルバマーもエレクトーンで人気曲なので弾いてみようかな」
という程度で どちらかというと管弦楽の方に魅力を感じていました
今回リクエストを頂いて吹奏楽を少しずつ聴いていたら
カッコイイ曲がたくさんあるんですね~♪
02用の吹奏楽曲集から少しずつ弾いてみようと思っております






いつもご覧いただきありがとうございます
このブログも立ち上げて2年10ヵ月になりますが
この曲で90曲目になりました
自分としては100曲を目標に始めました

100曲なんて先は長い…と思っていましたが
いつの間にか あと10曲
途中で3~4ヶ月演奏をお休みしたこともありましたが
けっこう弾きました(笑)

100曲達成後もYOUTUBEへのアップは今まで通り続けますが
akiの音楽帳は 今のところ決めていません
とりあえず もうしばらくお付き合い下さいませm(_ _)m



aki★929

Author:aki★929
「aki」です
エレクトーン楽しんでいます♪
エレクトーン演奏グレード3級
特技:初見演奏
YOUTUBE:aki929